大人が身長を伸ばす方法

あなたの身長の悩みを解決する!

 

服が似合わないよう感じたり、中学生に間違われたり、自分に自信が持てなかったり・・・。

 

身長が伸びない!しかし、そんな方達が実際に身長を伸ばしてきました。
ですから・・・あなたも私がこれからお伝えする方法を知るだけで、 「何歳になっても身長が伸びる」のです。

 

そして、生まれ変わった自分の姿を鏡で見る喜びを、 あなたにも体験して頂きます。

 

⇒ 身長が伸びる方法

中学生の平均身長

 

中学生になると思春期になり身長が急に伸びる時期があります。

 

それが大人の身長をほぼ決める背が伸びる成長のピークです。

 

成長のピークは、男子で12歳〜15歳、女子で10歳〜12歳の間が多く、
成長ホルモンの分泌が多くなり、急に背が伸びる時期です。

 

背が伸びる成長ホルモンが出る時期に、成長を妨げることをしていると背が伸びません。

 

最終的な大人の身長をほぼ決定づけてしまうので注意が必要です。

 

この時期に背が伸びなくなるのは、一部の成長ホルモンがでない病気や生活習慣が問題になることが多いので、中学生の生活は背の高さを決める大事な時期です。

 

中学生の平均身長

中学生の平均身長

 

12歳〜15歳の中学生男子は、成長ホルモンが出やすいため、
平均 7cm/年も背が伸びています。

 

成長ホルモンが多く出る子供は、10cm以上/年も伸びることもあります。

 

中学生の女子は、成長ホルモンがすでにで終わりつつあります。

 

2cm〜3cm/年の身長の伸びになり、
男子より身長は伸びない傾向にあります。

 

女子は、小学校・高学年(9歳〜11歳)の時期に成長ホルモンが多くでて、
6cm〜7cm/年の身長が伸びやすいです。

 

中学生

成長期が過ぎていても身長が伸びる方法

 

「身長を伸ばせる? ・・・そんな簡単な問題じゃないよ」

 

という、あなたの声が聞こえてきそうですが、成長期が過ぎていても身長が伸びるその方法を紹介します。

 

⇒ 身長が伸びる方法